令和元年9月議会一般質問「豪雨災害対策について」

正式な議事録が上がってくるまで、質問原稿をアップしておきます。
9月30日頃から録画中継にて知事答弁を含め視聴する事が可能です
板橋聡の議会質問録画中継

ーーーーーーーーーーーー
質問要旨 一、豪雨災害対策について
ーーーーーーーーーーーー

 自民党県議団の板橋聡です。通告に従い「豪雨災害対策について」質問致します。

 今回の代表質問において各会派より本年七月と八月に立て続けに発生した大雨災害に関連する質問がなされました。その直後、9月23日には福岡市博多区で34m/秒、久留米市で32.4m毎秒、糸島市で31.8m毎秒などそれぞれ観測史上最大の瞬間風速を記録した、台風17号により、今度は強風被害が県下各地で発生しました。一連の災害により、とりわけ施設園芸が盛んな私の地元でも多くの被害報告が寄せられている事を踏まえ、以下、質問させて頂きます。

 まず、農業分野の油の流出対策について伺います。昨年、一昨年に続き、本年も、7月から8月にかけて大雨により、道路や河川、民家、農地、農業用施設等において被害が発生しました。今議会の我が自民党県議団の代表質問においても災害復旧に関わる支援について質したところです。今回の一連の豪雨災害では多くの農作物にも被害が発生しております。

 特に、8月27日から降り続き、本県や佐賀県、長崎県など九州北部を中心とした記録的な大雨では、水稲、大豆や、施設野菜などの冠水被害が広範囲において発生しました。

  私の地元は、生産高が県内一位であるナスなどの施設園芸が盛んな地域です。トマトやナスなどの施設園芸では、重油を使用した加温器により、冬場の生育温度を確保しており、ハウス施設には、加温器に重油を供給するためのタンクを併設していますが、8月の大雨により作物の冠水被害などに加えて、水流が激しい場所においては、重油タンクや加温器が転倒したと言う被害報告を受けております。

  一般的に梅雨時期等の大雨が発生しやすい時期は加温をしないため、タンクの中に重油が満タンに入っている事は少ないかも知れませんが、もし、加温している冬場に大雨が降ったり、梅雨時期に重油をタンクから抜いていない場合には、重油が流出してしまい、周囲の農作物に対して被害を与えることも想定されます。

 重油が一旦流出すると、除去のために、多大な労力が必要となることに加え、農作物の風評被害にまで及ぶ事は、佐賀県の事例を見ても明らかであり、まずは流出させないための事前の対策が必要と考えます。

 そこで知事に質問です。
 本県では、収益性の高い施設園芸に力を入れていますが、現在、重油を使用した加温施設の面積が県内にどれくらいあり、豪雨災害時における重油の流出防止対策について、どのような指導を行っているのでしょうか?お示しください。

 8月の大雨により、油の流出被害が発生した佐賀県の鉄工所では、石油系の油を冷却用に使用しており、工場内には、地下に複数ある油槽に蓋がないため、油槽内の油が浸水により、外に流れ出たとのことです。

 推定で5万キロリットルも流出した油は、周辺で栽培していた水稲や、野菜などの農作物に付着。その農作物は全て廃棄処分になる上に、風評被害によりその後の販売にも影響してくるのではないかと心配するむきもあります。

 油の流出による被害は直接的な冠水被害はもちろんですが、生産者の営農意欲の低下を招く恐れもあり、さらに作物だけではなく土壌の検査なども必要となってきます。

 本県では生産者や農業団体と一体となり、これまで「あまおう」を始めとして、「八女茶」や「元気つくし」など多くのブランド農産物を育成してきましたが、ひとたび大規模な油の流出が発生すれば、これまでの取り組みが水泡に帰す事になりかねず、決して許されることではありません。

 近年、予期せぬタイミングで予想を超える豪雨災害が発生している状況の中では、佐賀県の事例を他山の石として、重油を利用する施設園芸が盛んな我が県においても、迅速かつ十分な事後対策を検討しておく必要があるのではないでしょうか?

 そこで知事に質問します。
 もし本県でも農地に大量の油が流出し、農作物に対する被害が発生した場合、被災農家に対してどのような対策を行うのか、知事の所見をお示しください。

 次に災害に強い園芸産地づくりについて伺います。
 
 8月の大雨や先日の台風17号で多くの農業施設の被害が報告されており、県においては速やかな復旧支援をお願いするところです。

 一方で、これまでも大雨や台風等の災害時にはハウス施設や、加温器などが冠水や倒壊により壊れ、農家経営に大きな支障をきたしました。

 県においては、その度に被災農業者に対して、支援策を実施して頂いていますが、10年に一度、50年に一度と表現されるような気象災害が毎年のように発生する状況を鑑みれば、施設や機械も、現状復旧するだけでは同じことの繰り返しになりかねず、対処療法ではなく抜本的な対策も検討すべきと考えます。

 そこで知事に質問します。
 まず、今月の観測史上最大の瞬間風速を記録した台風17号で大きな被害を受けたハウス施設の迅速な復旧について県としてのお考えをお示しください。

 その上で、今後は大雨や台風などに備えて、出来るだけ災害を回避する、あるいは軽減するような、施設整備や機械の導入を進めることが重要であると考えますが、県ではどのような取り組みを行っていくのでしょうか?  

 短期間に繰り返し被災した農家の皆様の悲痛な叫びが多く届けられている中、知事の御所見をお聞かせください。

 私は、平成24年9月議会の一般質問において、平成24年7月九州北部豪雨により、みやま市の指定避難所となっている上庄小学校と下庄小学校が冠水し、避難所として機能しなかった事を踏まえ、県下の指定避難所に関して、冠水等により孤立する可能性のある避難場所の状況及び県の取り組みについて質問をしました。

 その際、知事は県下すべての指定避難所について、安全性の確保や、避難する際の距離、代替施設への避難誘導の有無等の視点で点検を行い、その結果を踏まえて、市町村による避難マップの見直しや、避難マニアルの策定、これらに基づく避難訓練を支援していきたいと答弁をされました。

 それから7年経った令和元年、8月末の大雨の際、質問で言及した小学校の前の道路が冠水しました。まさかと思い、市に改めて確認したところ引き続きその小学校は指定避難所になっており、自主避難された方とのトラブルも発生したと耳にしております。

 回りが冠水して孤立しても、校舎の2階や3階に避難する事で命を守る事は出来るという考え方もありますが、一方で冠水した避難路をつかって避難所へ向かう場合、用水路や田んぼなどに転落すれば命を落とす危険があることを指摘しておきます。

 そこで知事に質問です。
 前回の質問から7年が経過しましたが、平成24年時点で、指定避難所の安全性が確保されていない避難所は何箇所あったのでしょうか?そのうち、現在までに何らかの対応を行った避難所は何箇所あるのでしょうか?そして現在も、豪雨の際には避難路が冠水し、避難所として機能しなくなる可能性が高い施設がありますが、今後、市町村をどのように指導していくのか知事の御所見を御披瀝ください。

 以上、知事の真摯な答弁を期待して質問を終わります。