【筑後広域公園フィットネスエリア球技場・スケートパーク共用開始!】

 10月18日、県営筑後広域公園に完成した、筑後地域唯一の人工芝球技場とスケートパークがいよいよ共用開始されました。
 開会式典には、筑後市選出の藏内勇夫県議、藤丸敏代議士はじめ錚々たるメンバーに来賓として御参集頂きました。


 筑後エリア初の人工芝球技場のこけら落としは、地元山門高校VS八女高校サッカー部対決と、アビスパ福岡をお招きしての少年サッカー教室。


 私は山門高校サッカー部に所属、藏内県議は八女高校サッカー部所属。絶対に負けられない闘いでしたが、1対1の同点の末、PK戦により山門高校が勝利したそうです。


 少年サッカー教室では、地元フェザントFCをはじめ多くのサッカークラブが結集し、人工芝グラウンドで思いっきりプレーが繰り広げられました。


 また筑後エリア初となるスケートパークでは、インラインスケート世界ランキング1位の金島総一郎氏らをお迎えしてのデモンストレーション。


 スケートボードがオリンピック競技となり、大きな注目を集めている中、近隣のインラインスケート・スケートボード愛好家の性別・世代を超えた皆さんが集結し、もの凄い熱気を感じると同時に、今後の盛り上がりを期待せずにいられません。

 気になる利用料金は、球技場は全面利用4040円・半面利用2020円(2時間)。スケートパークは中学生以下100円、高校生以上300円です。

 筑後広域公園フィットネスエリアが県南のスポーツ発信基地になるべく、筑後七国をはじめとする近隣市町と連携して頑張ります!どうぞ宜しくお願いします。

* 筑後広域公園スケートパークはgoogleマップでまだ検索出来ません。「みやま市浄水場」で検索してください。その隣です!

【10月18日筑後広域公園 フィットネスエリア共用開始!】

10月18日(日)筑後広域公園のフィットネスエリア(みやま市浄水場横、筑後船小屋駅の矢部川を挟んでみやま市側です)が一部共用開始されます。

筑後地域では初めての人工芝の球技場(サッカー、ラグビーなどが出来ます)とスケートパークです。

建設に当たっては、地域の大きな声が背中を後押ししてくれました。県サッカー協会からは1万人の署名を頂いたり、県南のインラインスケートやスケートボード愛好家のグループからは仕様設計などについて色んなご提案を頂きました。

地域の皆様のお陰で出来上がった球技場とスケートパークです。東京オリンピックは1年延期されましたが、筑後エリアのスポーツ発信基地として筑後広域公園が益々進化することを期待しています。

筑後広域公園にスケートパークを作る会 会長の黒木雄平君がチラシとビデオを作ってくれましたのでリンクを貼っておきます。

20200921 from bata on Vimeo.

皆様、是非お立ち寄りください