【新型コロナ陽性者急増について】

 7月28日に405人の陽性者が判明した福岡県は、県独自の「福岡コロナ警報」を発出し、8月1−29日まで飲食店の時短営業を要請する事になりました。

 テレビを見ると、病床逼迫、入院待ちや中等症が増えているなどなど、不安を煽る報道が垂れ流されています。一方で少ないながらもこんな報道もあります↓

東京都 福祉保健局長「いたずらに不安あおらないで」|NHK 首都圏のニュース

 これが全て。東京は65歳以上のワクチン完全接種率が60%を超えて、高齢者の陽性者は激減。陽性者の過半数を占める20−30代の重症者はほぼゼロ(写真は先週のモニタリング会議のものだが、最新でも同様の傾向)。

 高齢者の次に重症になる可能性がある40−50代のワクチン接種希望者への接種を進める事が鍵。

 イギリスのように「新型コロナの陽性者数と重症・死亡はリンクしない」という事実へあと一歩の状態なのが日本。

 あと、オリンピックとコロナ感染者増は全く関係ない。なぜなら、オリンピックが行われている東京以外、福岡・沖縄・大阪など全国的に陽性者数は激増しているから。デルタ株が全国に散らばって猛威を振るっていると推察するのが妥当。

 報道は不安を煽りますが、今年1月と現在は新型コロナを取り囲む状況はワクチン接種が進むことでかなり変わってきています。もちろん、新型コロナは怖くないという訳ではありませんが、データを把握して冷静に判断し行動する事が大切です。

 デルタ株について解説した私のYouTube動画なども参考にして下さい(最近忙しくて更新出来てませんが、言っている内容は今でも変わりません)

【7年後の未来に辿り着きました、東京オリンピック開催!】

 美しい五輪マークがブルーインパルスによって東京の空に描かれました!


2013年9月の開催地決定から、「7年後、自分は歳いくつだっけ?なにやってるんだろう?」ワクワクしながら思い描いていた未来に今日辿り着きました。

 7年後(一年延期になったので正確には8年後)スポーツの力で日本が一つになると信じて、地元ではソフトバンクホークスの二軍球場誘致、広域公園に50m屋外25m屋内プール建設が進み、福岡県として「スポーツ立県」を掲げ、東京都以外では日本一多い26の国・地域の事前キャンプ誘致に成功し、東京の盛り上がりをここ県南でも体感し活力に出来るよう頑張ってきました。

 コロナという大きな大きな障壁が立ちはだかりましたが、誘致競争を勝ち抜いた日本はその責任を全うし、選手・スタッフ全ての皆さんが最高のパフォーマンスを披露し、スポーツの力で世界に勇気を与えるような大会になる事を心より期待しています。私も国民の1人として、少しでもその盛り上がりに貢献できればと思います。
Go for it!

【九州初!みやま市で自動運転サービス導入】

 私が議員になった頃から、地方、特に中山間地における公共交通網の維持は困難になり、高齢者の移動手段をどうやって確保するか大きな課題でした。

 2017年初頭、当時国土交通省から福岡県の県土整備部に出向されていた山本部長(当時)と雑談するなか、「高齢者の足確保は、究極的には自動運転の普及しかないんじゃないか?」と申し上げたら、「国交省でこんどこんな実証実験を公募しますよ」とご紹介頂いたのが、「中山間地域における道の駅などを拠点とした自動運転サービス実証実験」

 それから、みやま市の西原市長(当時)に相談し、古賀先生・藤丸代議士にご理解を賜り、みやま市が全国8つの地域の一つに選定され、2018年2月に第一回目の実証実験、2018年11ー12月には約50日に及ぶ長期の実証実験が行われ、とうとう2021年7月19日より九州初となる自動運転サービスによるコミュニティーバスとして運用される事になりました。

 自動運転の導入にあたっては、行政だけでなく企業や研究機関など民間の力を借りて、裾野を広げていくことを提案しておりましたが、今回は九州電力さんにもご協力を頂きサービス内容の充実に寄与して頂くことになりました。

 サービスの区間は、みやま市山川町のAコープ山川店とルフラン間(往復7.2km)。利用料金はコミュニティーバスと同様、一般100円、高齢者・障害者・小学生50円です。

 公募で「オレンジスター号」という愛称も決まりました。地域の方に愛される自動運転サービスになるよう、皆様のご理解ご協力をどうぞ宜しくお願いします🙇

関連ブログ:
2017/7/31【国土交通省が行う自動運転サービス実証実験にみやま市が選定されました!】
2018/2/17【自動運転サービス実証実験がみやま市にて開始されます】
2018/11/2【自動運転サービス長期実証実験、日本で最初にみやま市からスタート】

【オリンピック事前キャンプにて選手を激励してきました】

 7月2日から19日迄、県営筑後広域公園プールで、グアムとミクロネシア連邦の競泳選手が東京オリンピックの事前キャンプを行いました。


 2013年9月に東京での開催が決定して以降、私は東京以外の地域でもオリンピックの素晴らしさに直に触れて頂く機会を持つべきと、福岡県での事前キャンプ誘致を強く働きかけて参りました。その結果、開催地である東京を除く日本で1番多い、29の国・地域を13の自治体で事前キャンプ受入を行う事になりました。

 残念ながら、新型コロナにより、東京五輪は開催が1年延期になり、今日まで感染拡大の影響を受け、事前キャンプ中止を余儀なくされている国が半分近くに上りましたが、みやま市にて事前キャンプが開催出来たことは本当に嬉しく思います。


 本来なら、事前キャンプ中に地域住民との多くの交流機会を設ける予定でしたがそれも叶わず。県営筑後広域公園プールの公開練習は二度のみでしたが、地元瀬高中学校と県立山門高校生の有志が激励に駆けつけて頂く事が出来ました。


 みやまに御縁を頂いた選手達が、最高のコンディションで、最高の泳ぎを本番で見せてくれることを心より願っています。

【福岡でオセアニアがオリンピック事前キャンプ決定!みやま市柳川市など】https://itahashi.info/blog/20171215042626

【日本大丈夫?新型コロナ変異株でリバウンドする国、しない国】

 イギリス筆頭に日本や世界中で猛威を振るうインド由来のデルタ株。

 新型コロナワクチン接種率が高い国と低い国で感染傾向に違いがあるのか?今後も続く変異株出現、新型コロナ出口戦略の鍵は「指定感染症」から「五類感染症」への格下げです。

 デルタ株を正しく知って正しく恐れて貰えればと思って作った動画です。

【果樹振興議員連盟視察ー筑後市・久留米市】

7月14日、私が事務局長を務める、福岡県果樹振興議員連盟(原口剣生会長)が管内視察を行いましたので備忘録。

◎ 筑後市 ブドウ生産圃場
 JAふくおか八女ぶどう部会は部会員数315名、栽培面積158haで巨峰、シャインマスカット、ピオーネ、デラウエアなどw栽培しています。令和2年の出荷量は1928t、販売金額は過去最高の27億7千万円。


 主力品種である巨峰はタネあり栽培から種なし栽培への転換が進み、巨峰全体の6割を占めます。また近年シャインマスカットの生産も拡大しています。


 お暑い中JAふくおか八女岡田専務理事、今村係長、ぶどう部会長江崎様、園主の角整樹様(平成29年 県農林水産まつりにて、農林水産大臣賞受賞(集団指導者の部))にも同席頂き、試食までさせて頂きました。シャインマスカットの糖度は20度を超えて、巨峰より甘いとの事。これは子供達が大好きな訳です。

◎ 福岡県農林業総合試験場資源活用研究センター
 平成26年に、農業総合試験場、森林林業技術センター、病害虫防除所が合併し、資源活用研究センターが久留米市山本町に設置されました。

こちらでは、苗木の試験研究についてご説明を森山センター長、松井苗木花き部長に頂きました。


 人間界は新型コロナウイルスで大混乱しておりますが、柑橘類の世界でもウイルスは存在し、ウイルスに感染すると樹勢の低下や枯死、果実品質や収量が低下するため、安定した果樹製産の為にはウイルスに感染していない健全な苗木(ウイルスフリー苗)の製産が重要です。

 そこで、資源活用研究センターではウイルスフリー苗を生産供給し、苗木生産者自らもウイルス感染の有無が診断できる技術を開発しました。


 現場では実際に、カラタチと温州ミカンの苗木を接ぎ木して生産しているものを見学させて頂きました。苗と苗をくっつけてるだけですが、見事に新しい品種になっている姿を目の当たりにし、植物の生命力の強さを実感しました。

 お忙しい中視察に対応して頂き関係各位には本当に有難うございました。今回の視察を今後の県政振興に活かしていきたいと存じます。

【福岡県議会警察常任委員会が柳川署を視察!】

 新開柳川署長から管内(みやま市・柳川市)の状況報告がありました。

 昨年は新型コロナの自粛による影響か、交通事故など軒並み減っておりました。警察活動にも支障があり、地域住民との交流など出来づらい状況でしたが、柳川署は原点に帰って、暴力団対策や犯罪検挙に邁進された結果、暴対や刑事など4部門で県警本部長表彰を受けるなど高い評価を得ています。今後とも地域の安全安心の為に頑張って欲しいです。

 警察常任委員会は、自民党県議団藏内勇夫相談役・松本國寛会長、民主県政県議団岩元会長、緑友会井上会長など錚々たるメンバーを抱えており、視察もピリッと引き締まった雰囲気でした。

【ブレイクスルー感染、オリンピック選手団の水際対策大丈夫?】

 東京オリンピックの事前キャンプで、来日したウガンダ選手団の二人が入国後陽性判明。

 ワクチン接種完了しているのにPCR陽性反応が出ることを「ブレークスルー感染」と呼びますが、外国選手団への水際対策の実態、アメリカにおけるブレークスルー陽性の状況、ワクチンの種類でブレークスルーに違いがあるのか等を、米CDC等のデータや一次情報を元に徹底解説しています。

【みやま市グリーン・ツーリズム推進協議会が発足しました】

 そもそもみやま市は観光後進地域でしたが、すぐお隣に年間150万人の観光客誘致を目指す柳川市がありながら指を咥えてみているのは大変勿体ない。一方、柳川市を真似しても絶対に敵わないので、柳川市に無い体験をみやま市が提供する相互補完を目指すべきだとの考えのもと、両市の観光協会の連絡協議会を立ち上げるなどの活動をしてまいりました。

 そんな中、新しく観光資源を作るのではなく、いまみやま市に「あるモノ」を研く視点で、みやま市の基幹産業である農漁業や伝統工芸、循環型社会づくりなどに魅力を感じて来訪して頂けるよう、地域ぐるみで取り組みを進めるために立ち上げたのが「みやま市グリーン・ツーリズム推進協議会」です。

 観光協会、商工会、JA、漁協、農業委員会、青年会議所など地域づくりの主体となる方々や、先進地域である朝倉グリーンツーリズムや、柳川市観光協会にもご参加頂いております。

 有識者としてご参加頂いてる、一般社団法人九州のムラ代表理事の養父信夫さんからは基調講演を頂き、外から観たみやまの魅力と今後の方向性について熱く語って頂きました。

 私も顧問として参加しますが、アフターコロナ・Withコロナを見据えたみやま市的な観光が新たなスタートダッシュを切れるよう、しっかり活動して参りたいと思います。

【豪雨災害への備え、排水ポンプ車が八女県土整備事務所に配備!】

 本日は八女県土整備事務所に配備された排水ポンプ車の披露式が行われました。

 令和2年に福岡県初の排水ポンプ車が久留米県土整備事務所に配備されましたが、その後の7月豪雨において陣屋川で40時間連続稼働するなど、浸水被害対策に大変効果が有ることが認識されました。

 そこで、昨年9月定例議会の自民党県議団代表質問において更なる配備を要請し、今年度5台の追加配備が決定。1台が八女県土整備事務所に配備され、八女市・みやま市・柳川市・大牟田市・筑後市・大川市・大木町・広川町の6市2町をカバーする事になります。

 アルミを素材として約30キロに軽量化されたポンプ6機を備え、25mプールを10分で排水出来る能力があり、13時間連続稼働可能(燃料追加しない場合)で照明装置付き。4年連続豪雨災害に見舞われた県南地域。災害は起きないに越したことはありませんが、万が一への備えも整えております。

 披露式へは先日第71代議長に就任した秋田章二議長が初公務でご登場。実演披露の稼働ボタンは自民党県議団藏内勇夫相談役と八女県土整備事務所の元村所長により押されました。

【東京2020オリンピック、福岡県で最初のキャンプがみやま市にやって来ます!】

 新型コロナで1年延期になった東京オリンピック

 実は福岡県は開催地である東京都を除いて、日本で1番事前キャンプを受け入れる県でした。残念ながら断念する国もあるなか、みやま市・柳川市・みやこ町・築上町が共同で受入を表明していたオセアニア選手団の内、ミクロネシアとグアムの水泳選手が7月2日から19日まで筑後広域公園プールにて事前キャンプを実施する事が決定しました!

 選手団は合計6名。感染拡大防止策も徹底した上での受入です。内容については今後YouTubeでお知らせしたいと思います。

 2014年の決算特別委員会で働きかけたオリンピックキャンプ誘致に関する質問は下記のURLを。今読み返しても我ながら良い質問が出来たと思います。
https://itahashi.info/blog/20141029104310

【広域接種センターを服部知事が視察!】

福岡県がみやま市保健医療経営大学に設置した、新型コロナワクチン広域接種センターを服部知事が視察しました。
新型コロナワクチンの6月3日17時時点での予約状況も貼っておきます。


みやま会場の予約が、田川会場と比較して少ないのは、みやま会場が担当する大川市、みやま市、大牟田市のうち、みやま市は6月1日、大牟田市は6月4日に接種券発送手続きを始めましたので、まだ接種券がお手元に届いていない方が多いからです。

逆に言うと、予約する方が集中せずに分散するので、電話予約でも混乱が起こりにくいのではと思います。もちろんWEB予約の方が混雑は起こりにくく早いです。ワクチン量は十分に確保されていますので、焦らず慌てず、予約しましょう。

関連動画↓

【6月2日時点の福岡県のワクチン接種状況】

医療従事者 21万人中
一回接種済み207,092人(97.6%) 
二回接種済み129,865人(61.2%)

高齢者140万人中
一回接種済み242,767人(17.4%)
二回接種済み11,385(0.8%)

福岡県の高齢者接種が全国でもかなり低いとの報道がちょっと前にありましたが、最新の情報では1回接種では全国25位、2回接種は43位。

報道が急かすかのように、早く打ったが勝ちという雰囲気が蔓延していますが、ワクチン量は十分に確保されています。皆さん冷静に。

【新型コロナワクチンって危険なの?副反応や死亡例について徹底分析!】

 政府は新型コロナワクチンの接種者が6月2日に1000万人、人口の8%を超えたと発表しました。

 一方で、ワクチン接種における副反応の事例報告も増えてきており、心配されている方も多いようです。

 そこで新型コロナワクチンの副反応や、接種後の死亡例を、厚生労働省が5月26日に発表した「副反応疑い報告の状況について」などのデータを参考に、分析検証してみたいと思います。

 必要な方に必要な情報が届くようシェアや、チャンネル登録を宜しくお願い致します。

目次
0:00 ワクチン接種1000万人突破
0:45 そもそもワクチンって?
1:07 代表的な副反応とは?
2:22 アナフィラキシーショックとは?
3:53 ワクチン接種後の死亡事例
7:39 ワクチンと脳卒中の関係
9:22 ワクチン接種の判断材料

【着々と広域接種センターの準備進んでます】

 福岡県がみやま市と田川市に設置する広域接種センター。みやま市の会場となる、保健医療経営大学は準備が着々と進んでました。

 県広域接種センターの予約方法などを解説した動画は此方です↓

 必要な方に必要な情報が届くようシェアを宜しくお願いします🙇

 みやま市・大牟田市・大川市・飯塚市・嘉麻市・小竹町で接種券をお持ちの方は、今日から予約が可能です(接種開始は6月7日から)。

 みやま市も、県の広域接種センターに対応してか、市のワクチン接種予約受付を前倒しする事を決定したそうです。皆様のお手元に間もなく届く市の広報誌で御確認ください。

【続報!福岡県 新型コロナワクチン 広域接種センター予約開始!メリットがあるのは○○の人】

 福岡県はみやま市と田川市に設置する新型コロナワクチンの広域接種センターについて、予約開始を6月1日10時から開始すると発表しました。

 今日は、5月28日時点で判明した情報を元に、県の広域接種センターの接種予約方法、県の接種会場を利用するメリットなどを解説をしました。

 必要な情報が、必要な方に届くように、高齢者でワクチン接種を希望しているけどまだ予約出来ていない方や、その御家族に、シェアをして頂いたり、チャンネル登録、宜しくお願いします。

【東京五輪を中止出来ないもう一つの理由とは?】

 東京オリンピックに対して朝日新聞が菅総理に中止を求める社説を5月26日に書きました。

 5月24日には、アメリカが日本への渡航警戒レベルを、最も厳しいレベル4「渡航中止勧告」に引き上げたことも相まって、東京オリンピックの開催に対しては非常に厳しい意見がテレビのワイドショーなどでも聞かれます。

 私自身は5月17日の「東京五輪開催は自殺行為か?」という動画で、東京オリンピック開催について検証し、その後も色々考えたんですが、やっぱり東京オリンピックって中止しづらいだろうなぁと改めて考えるに至りました。

 その理由を動画にて解説しました。シェアやチャンネル登録宜しくお願いします🙇

【議会運営委員会に理事として選任されました】

任期4年の折り返し地点、我々議員も人事の季節です。

今回私は「議会運営委員会(略称『議運』)」の自民党県議団を代表する理事に選任されました。

「で、議運って何よ?!」という素朴な疑問にお答えするマニアックな動画です。

地方議会の議運とはなんぞや?!
↓↓↓

シェアやチャンネル登録を宜しくお願いします😊

動画より文章で読みたい方は下記をどうぞ
↓↓↓

福岡県議会では昨日(5月21日)臨時議会が開かれ、緊急事態宣言に関連し、コロナ病床・宿泊療養施設確保、高齢者施設職員への週一回のPCR検査、大型商業施設・飲食店の協力金等の議案を審議し、754億円の補正予算を可決しました。

また、今年は各種委員会・議連等の改選時期となりますが、議会運営委員会・常任委員会が開かれ、各委員長・副委員長などが新たに決まりました。

私は今回、常任委員会については引き続き総務企画地域振興委員会に所属、また議会運営委員会では自民党県議団を代表する理事として所属致します。

議会運営委員会とは、一般に馴染みが薄く、何をするところかご存じない方も多いでしょうが、大きく分けて所管は3つあります。

1)議会の運営に関する事項:議会の会期や議事日程、質問・発言時間、委員会構成の決定など、まさに議会を運営するために決めておかなければない取り決めについて話し合います

2)議会の会議規則、委員会に関する条例などの事項:具体的には、特別委員会の設置、議会関係の条例・規則の制定などがあたります。

3)議長の諮問に関する事項:会期の決定や議員派遣の承認事項等、議長権限に属するような事項について、議長から意見を求められた場合に答申します。

福岡県議会は87名の議員で構成され、会派制を取っています。
会派とは、自民党とか立憲民主党のような政党とはちょっと意味が違っていて、議会の中で活動を共にするグループのようなものです。所属政党が違う人達が同じ会派に集まって活動していたり、政党が同じでも、違う会派に分かれて活動する場合もあります。

議員それぞれが県民の代表だからと言って、好き勝手に発言したり行動していては実りある議論が出来ませんので、議会運営委員会では議会の進め方などについて、各会派の意見調整を行い、ルールを決めて円滑な議会運営を目指します。

ですから、常任委員会のように、県民の方に直接関わる事柄を取り扱う訳ではありませんが、議会そのものの運営に関わるという意味で大変重要な委員会が「議会運営委員会」であります。

今回、最大会派である自民党県議団の理事として議運に送り出して頂きました。
その重責を胸に刻み、会派の意向を議会運営にしっかり反映させて、円滑で実りある福岡県議会となるよう、任期2年間努力して参ります。